/

この記事は会員限定です

「プラチナバンド、早期割り当てを」 楽天モバイル社長

[有料会員限定]

楽天モバイルの矢沢俊介社長は、建物内などでも電波がつながりやすい「プラチナバンド」と呼ぶ周波数帯の早期の割り当てを総務省に求める意向を明らかにした。サービス開始から8日で2年となるなか、つながりやすさの向上が顧客獲得の課題になっている。2023年内に利用を始められるように要望する。

日本経済新聞のインタビューで明かした。プラチナバンドはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが使う。20年に新規参入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り448文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン