/

プロ野球初、NFTを販売 西武・栗山の2000安打記念

埼玉西武ライオンズとPLMはNFTを活用したコンテンツを販売する

プロ野球埼玉西武ライオンズとパ・リーグ6球団が出資するパシフィックリーグマーケティング(PLM、東京・中央)は7日、改ざんが難しいデジタルデータの非代替性トークン(NFT)を使ったコンテンツを販売すると発表した。西武の栗山巧選手が4日に達成した通算2千安打を記念した商品を発売する。NFTを活用したグッズの販売は国内プロ野球では初めてとなる。

PLMはNFTを販売する基盤となる「PLMコレクション」というサービスを始める。同サービス内では栗山選手が球場で掲げた記録達成パネルのほかに、西武ライオンズに所属する選手の記念品や名シーンのデジタルデータを出品する予定だ。一部の商品はNFT化されたデジタルデータと現物をセットにして販売する。PLMはプロ野球やスポーツ以外のコンテンツ販売も視野に入れる。

NFTはブロックチェーン(分散型台帳)技術を使い、データの改ざんや複製を防いでデジタル作品の所有者を証明できる。西武ライオンズは関連グッズを数量限定で販売することで、コンテンツの希少性を訴求する。

(伊藤威)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン