/

住友商事、純利益39%増 4〜12月期

住友商事が6日発表した2022年4〜12月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が前年同期比39%増の4642億円だった。資源価格が上昇しトレードビジネスが好調だった。非資源分野でも北米での鋼管事業などが堅調に推移した。

売上高にあたる収益は前年同期比29%増の5兆700億円、税引き前利益は41%増の6012億円だった。23年3月期の連結業績予想は据え置き、純利益を前期比19%増の5500億円とした。

同日、金額で500億円、発行済み株式総数(自己株式を除く)で約2.6%にあたる3300万株を上限とする自社株買いを実施すると発表した。取得期間は2月7日から4月28日まで。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません