/

この記事は会員限定です

データの利益、寡占に一石 米データブリックスCEO

[有料会員限定]

ビッグデータや人工知能(AI)の世界で、利益が一部の巨大テック企業に偏っているとの批判は絶えない。評価額3兆円のユニコーンで、データ基盤開発の米データブリックスを率いるアリ・ゴディシ最高経営責任者(CEO)は「データとAIの民主化」を掲げ、そんな状況に一石を投じる。

イランの裕福な家庭に生まれたゴディシ氏は幼少期、1979年に起きたイスラム革命後の混乱のさなかで家族とともに国を脱出。難民としてスウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン