/

この記事は会員限定です

カナダ産木材1割安 米国相場は再上昇、調達に不安

[有料会員限定]

住宅に使うカナダ産木材の対日価格が2四半期連続で下落した。製材品の2022年1~3月期価格は21年10~12月期に比べ1割安い。世界の木材高騰「ウッドショック」を引き起こした米国で相場が下落したためだ。一方、足元では北米を襲った豪雨の影響で米国相場が再び上昇し始めた。日本側の数量確保に不安の声が上がっている。

ツーバイフォー(2×4)住宅の壁や床に使う指標のカナダ西部内陸産のSPF(トウヒ・マツ・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン