/

この記事は会員限定です

レノバ、千葉で洋上風力開発へ 最大45万キロワット

[有料会員限定]

再生可能エネルギー開発の上場会社であるレノバが、千葉県いすみ市沖で洋上風力開発を進めるていることが分かった。いすみ市沖は、銚子市沖に続く千葉県内2つ目の洋上風力の適地として注目が集まる。レノバは同海域で開発を進め、35万~45万キロワットの洋上風力発電所を稼働させたい考えだ。

再エネ事業者が一般海域で洋上風力を開発をするには、国が指定する海域で実施される公募で応札し、事業者として選定される必要がある。い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン