/

ウェザーニューズ、電力需給予報 一般向けに公開

気象情報会社のウェザーニューズはこのほど、独自の電力需給予報の公開を始めた。同社が予測した電力需要と、大手電力の送配電部門である一般送配電事業者が発表する供給力のデータをもとに、需給の逼迫度を示す電力使用率を時系列で表示する。政府が7年ぶりに全国に節電要請をするなか、節電意識の醸成を後押しする。

同社のスマートフォンのアプリやウェブサイトから確認できる。毎日午前0時ごろに当日の電力需給の状況を公開し、随時更新する。1時間ごとにグラフで表示するため、特に逼迫する時間帯が確認できる。大手電力の管内ごとに全国を10カ所にわけて需給を予測する。

気象条件や過去の電力消費のデータを学習させた人工知能(AI)を使って需要を予測する。同社のスマホアプリの利用者から寄せられる天気や、体感温度の報告も参考にして予測の精度を高めているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

電力不足

電力需給の逼迫で夏と冬の電力不足が懸念されています。最新ニュースや解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン