/

この記事は会員限定です

知財訴訟、攻める中国勢 逆転の構図で日本企業も標的

[有料会員限定]

中国企業が知的財産の権利侵害で、外国企業を訴える例が目立ち始めた。特許法など知財関連の法改正が進み、賠償が高額化。知財保護に熱心な企業も増え、2020年の関連訴訟の件数は16年の3倍以上になった。日本企業は中国企業による権利侵害の防止に注意してきたが、逆に訴えられるリスクへの備えが急務になっている。

終わらぬ法廷闘争

「今後も気を引き締めてやっていく」。良品計画の菊池健光法務・知財部長は緊張感を漂わせる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1639文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン