/

プリファード、AIで創薬につなげる技術を開発

人工知能(AI)開発のプリファード・ネットワークス(東京・千代田)は6日、AIの一種である深層学習の技術を使い、新しい薬の候補物質を探す技術を開発したと発表した。京都薬科大学との共同研究で、この技術を使って見つかった物質に新型コロナウイルスの増殖に必要な酵素の働きを妨げる効果が確認されたとしている。

新たな技術は、AIが化学物質について大量に学習し、目的の効果を持つ可能性がある物質を大量に提案する。スーパーコンピューターでそれらの物質を分析し、高評価だったもののみを実際に実験して確かめ、新薬の候補物質を探す時間を短縮する。

京都薬科大学と実施した新型コロナウイルス治療薬の共同研究では、AIが提案した13の物質で実験し、7物質で効果を確認できた。製薬企業の勤務経験がある医師で、プリファードの小林啓之執行役員は「従来のAI創薬は、現実の実験ではなかなかうまくいかなかった。13のうち7というのは、製薬会社が驚く水準だ」と話す。

研究は初期段階で、今後は製薬会社を組んで実用化に向けた研究開発を進める。「ウイルスの変異に備えた多様な治療薬の開発に貢献したい」(小林氏)。治療で使えるようになるには数年以上かかるとみられ、人体では効果が出ない可能性もある。

新型コロナ以外でも、今回開発した創薬向け化学物質探索の分野で協業する企業を募って事業を進める。この技術使ったサービスの提供も目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン