/

JR東日本が混雑避けるオフピーク定期券 10%割安に

JR東日本の深沢祐二社長は6日、混雑する時間帯を避けて乗車する「オフピーク定期券」について、通常の定期券より10%割安にする方針を明らかにした。首都圏の通勤定期券を対象に、2023年3月に導入する。

6日の定例記者会見で言及した。深沢社長は「準備を本格化させ、来年3月ごろに発売できるよう進めていく」と語った。通学定期券は対象外とし、オフピーク定期券を導入する具体的な路線は未定としている。

オフピーク定期券は混雑する時間帯は使えない代わりに、通常の定期券よりも安く料金を設定し、ラッシュ時以外の乗車を促す。混雑を平準化できれば、車両数の削減や運行人員の縮小につながるとみている。

ラッシュ時でも交通系ICカードの残高で通常定期券との差額を支払えばオフピーク定期券を使えるようにするかなど、詳細な運用方法は詰めるという。

オフピーク定期券の導入に伴う減収分は、通常定期券を値上げして補う。JR東は23年3月から山手線各駅など首都圏の一部区間の鉄道運賃を一律10円値上げすると発表している。ホームドアなど駅のバリアフリー設備の導入に充てるための措置で、通常定期券は価格をさらに1~2%上乗せする。

JR東はオフピーク定期券の導入について積極的な姿勢で、早期の導入を目指すとしていた。深沢社長は「(新型コロナウイルス禍で)車内混雑に対する乗客の感度は高くなっている。朝の時間帯や季節ごとのピークシフトを図っていく」と話した。

ビジネスセクション

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン