/

日本電機工業会新会長に安川電機社長の小笠原氏

重電機器や白物家電の業界団体、日本電機工業会(JEMA)は6日、新会長に安川電機の小笠原浩会長兼社長が就任したと発表した。会長だった日立製作所の東原敏昭会長と交代した。任期は1年。副会長には東芝の島田太郎社長が就いた。

同日記者会見した小笠原氏は電力需給の逼迫見通しに関し、「省エネで解決するのは難しい。原子力について『冷静にロジカルに考えるとこうだ』と発するのが業界の仕事だ」と述べ、原発を活用すべきだとの考えをにじませた。

2050年のカーボンニュートラル(温暖化ガスの実質排出ゼロ)に向けた業界方針にも触れ、「今年度は具体的な方法に踏み込んでいきたい。業界全体でまとまって標準化の取り組みも強化していきたい」と語った。

業界の課題については「コロナ禍とロシアによるウクライナ侵攻という二重苦で、サプライチェーンの寸断や原材料高騰などが生じている」と指摘。「今後の展開を見極め、しっかりと対処していく」と述べた。

JEMA会長を退任した日立の東原会長はビデオメッセージで、「小笠原氏は経営トップとして安川電機を率い、産業界をかじ取りするリーダーの一人。環境問題や感染症など直面する課題の解決や業界の発展に貢献いただけると確信している」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン