/

この記事は会員限定です

三井物産、供給網の環境・人権リスク可視化 ESGを証明

[有料会員限定]

三井物産が供給網のリスクを「可視化」する新事業に相次ぎ乗り出す。年内にも衣料品の原材料調達先で環境や人権の問題がないことを確認できるサービスを展開。住宅や店舗の二酸化炭素(CO2)を算出して削減を支援する事業も始める。世界的にESG(環境・社会・企業統治)に配慮した商品の需要が高まっていることに対応する。

今夏にもアパレル企業向けに、生産や加工販売でのトレーサビリティー(生産履歴の追跡)を可能に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン