/

この記事は会員限定です

帝人の22年3月期、最終黒字に転換 炭素繊維回復

[有料会員限定]

帝人が12日発表した2022年3月期の連結決算は最終損益が231億円の黒字(前の期は66億円の赤字)だった。最終黒字は2期ぶり。前の期に計上した炭素繊維事業などでの減損損失が減り、21年に武田薬品工業から買収した糖尿病治療薬の販売が好調だった。タイヤ補強材などに使うアラミド繊維関連の工場停止が響き、営業利益は2割減った。

売上高は11%増の9260億円だった。主力のマテリアル事業の売上高が30%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り317文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン