/

かけばかゆくなる悪循環 原因たんぱく質、九州大学発見

九州大学の津田誠主幹教授ら研究グループは、アトピー性皮膚炎などで慢性的なかゆみを引き起こす原因たんぱく質「NPTX2」を発見した。同たんぱく質は皮膚をひっかくことで作られ、かゆみを感じる神経細胞の活動を高めることが分かった。NPTX2を標的とすることでかゆみを抑える治療薬を開発できる可能性がある。

九州大や岡山大学、米ジョンズ・ホプキンス大学らの研究グループは、遺伝的にアトピー性皮膚炎などを発症するマウスの神経活動を解析した。マウスが皮膚をひっかくと、かゆみ信号を伝える神経細胞の活動が高まっていた。NPTX2が正常なマウスと比較して3~4倍ほど増えていることも分かった。遺伝的にNPTX2を失ったマウスでは神経活動が抑えられ、かゆみが低減した。

かゆみは弱い痛みと以前は考えられていたが、近年の研究で痛みとは別の神経回路があると判明している。ただ、かゆみを伝える神経回路の活動が慢性的に高まる詳しいメカニズムは分かっていなかった。

津田教授は「慢性的なかゆみを鎮める治療薬の開発に向けた大きな一歩」といい、今後は感覚神経でのみNPTX2の増加を抑える低分子化合物の探索・開発を目指す考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン