/

コスモ石油、燃料アンモニアをUAEから購入 

コスモエネルギーホールディングス(HD)傘下のコスモ石油は6日、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ国営石油会社(ADNOC)から、燃料アンモニアを購入する契約を結んだと発表した。化石燃料由来で製造過程で出る二酸化炭素(CO2)を地中に埋める「ブルーアンモニア」を調達する。供給網構築に向けてコストなどを検証していく。

ADNOCとオランダの化学大手OCIが設立した合弁会社がUAEでブルーアンモニアを試験的に製造する。コスモ石油はまず年内に約13トンを購入する。日本に運び、コスモHDの事業所で使う。

今回の契約でコストなどを確認し、燃料アンモニアの供給網を構築できるか検証していく。長期契約も今後検討する。アンモニアは主に肥料や工業用に使われている。水素と窒素で合成するので燃焼時にCO2を出さず、水素と並び次世代燃料として注目される。ブルーアンモニアは高いコストが課題となっている。

コスモHDは3月、ADNOCとCO2を再利用する「CCUS」の事業化に向けた調査も始めており、脱炭素事業での提携分野を広げている。出光興産も2021年にADNOCからブルーアンモニアを調達した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン