/

川崎重工、35年に先進国向け二輪車を電動化 主要機種

川崎重工業は6日、2035年までに北米など先進国向けに手がける二輪車の主要機種を電動化すると発表した。まず25年までに、モーターと電池で走る電動車とハイブリッド車を10種類売り出す。先進国から二輪車の「脱炭素」を進める。

同社の二輪車は排気量250cc以上の大型タイプが中心だ。電動化の対象となる機種は未定だが、北米と欧州、日本向けが中心になる。岩道などを走ることができるオフロード四輪車も合わせて電動化を進める。四輪では25年までに電動車を5種類増やす。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン