/

この記事は会員限定です

ワクチン接種証明、なぜ「紙」頼み? 遠いデジタル化

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える
日経クロステック

政府は7月後半にも、市区町村が海外への渡航者を対象に新型コロナウイルスのワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を発行できるようにする。ただし当面は紙による申請や交付のみだ。海外ではアプリを利用したデジタル証明書の利用が進む。政府はデジタル化を検討中としているが、具体的な道筋はまだ見えない。

EU、デジタル証明書の本格運用開始

ワクチン接種証明書は海外渡航のために必要な人を対象に発行する。発行して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン