/

この記事は会員限定です

東電、4電力から緊急調達 送電網の増強急務

(更新) [有料会員限定]

東京電力ホールディングスは6日、管内で電力需給が逼迫し、関西電力などから最大約200万キロワットの電力の融通を受けた。寒さで需要が高まった一方、悪天候で太陽光発電の稼働率が低下したためだ。再生可能エネルギーのさらなる導入拡大でこうしたケースが増えると想定される。地域間を結ぶ送電網の増強やバックアップ電源の拡充が急務だ。

6日の都内の気温は日中でもセ氏1度を下回った。年始の企業活動再開も重なり、電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン