/

ソフトバンク、楽天と元社員を提訴 情報持ち出し巡り

「1000億円の損害賠償請求権」を主張

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
ソフトバンクは6日、東京地方裁判所に訴訟を提起した

ソフトバンクは6日、楽天グループの携帯子会社である楽天モバイルと、楽天モバイルに転職した元社員に対し「約1000億円の損害賠償請求権」を主張する訴訟を東京地方裁判所に提起したと発表した。元社員はソフトバンク在籍中に高速通信規格「5G」の技術情報などを持ち出したとして不正競争防止法違反の容疑で逮捕されている。

ソフトバンクは1000億円規模の損害賠償請求権が存在すると主張し、その一部として10億円の支払いを求めた。請求額は「今後の審理の状況に応じて拡張することがある」としている。

ソフトバンクは2020年11月に元社員が持ち出した技術情報について東京地裁に証拠保全を申し立て、同12月には営業秘密の利用停止などを求める仮処分を申し立てている。ソフトバンクは6日の声明で「証拠保全を求めていた電子ファイルが楽天モバイルの利用するサーバー内に保存され、他の楽天モバイルの社員に開示されていた事実を確認している」と説明した。

楽天モバイルは、ソフトバンク元社員が持ち出した情報を自社で利用したかについて「ソフトバンクの営業秘密を当社の業務に利用していた事実は確認されていない。訴状の送達を受け次第、内容を精査して裁判で当社の正当性を主張していく」とのコメントを6日公表した。

元社員はソフトバンクに勤務していた19年12月に社外から自分のパソコンで会社のサーバーにアクセスし営業秘密を不正に取得した疑いを持たれている。直後の20年1月に楽天モバイルに転職している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン