/

西武、駅近に無人決済コンビニ 決済手軽に省力化も

西武鉄道(埼玉県所沢市)は13日に中井駅(東京・新宿)に隣接するコンビニエンスストアに無人決済システムを導入する。沿線で無人決済ができる店舗は初めて。有人店舗と違い支払いに時間がかからず、店舗運営も省力化できる。今後他の店舗への導入も検討し、利便性向上とともに運営でのコスト削減も目指す。

ファミリーマートと共同展開する駅ナカコンビニの「トモニー」に導入する。既存店舗をリニューアルして天井に50台以上のセンサーカメラを設置し、客が手にとった商品を検知する。出口にある決済用端末の前に立つと画面に購入品と金額が表示され、現金や電子マネーなどで決済できる。セルフレジなども増えつつあるが、客自ら商品のバーコードを読み取る必要がなくより短時間で買い物できる。

商品棚には重量を検知するセンサーもあり、小さい商品や同じ商品を複数取った場合でも正確に購入する商品を把握できる。酒類は決済端末にあるカメラを使い店舗内の事務スペースにいる店員が年齢を確認。未成年の可能性がある場合などは年齢確認を実際に行う。

無人決済のシステムはJR東日本の関連会社のTOUCH TO GO(東京・港)が提供しており、高輪ゲートウェイ駅(同)構内のコンビニでも使われている。商品の補充などのため作業する人材は必要だが、買い物はシステム上で完結するため従来より人件費を削減できる。トモニーは西武鉄道沿線で50店舗以上展開しており、西武鉄道は1店舗目の利用状況などをふまえ他店舗での導入を目指す考えだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン