/

ZHD、10カ月ぶり高値 LINEとの統合効果に注目

銘柄診断

6日の東京株式市場でZホールディングス株が6営業日続伸し、一時前週末比14円70銭(2%)高の746円80銭を付けた。2020年10月末以来、約10カ月ぶりの高値水準となった。3月にLINEと経営統合した効果でメディア事業の業績が好調で、さらなる利益成長への期待が高まっている。9月1日のデジタル庁発足を受け、IT(情報技術)サービス関連銘柄に注目が集まっていることも追い風となっている。

終値は前週末比8円20銭(1%)高の740円30銭だった。ZHD株は5月中旬以降、3カ月半以上にわたって上昇基調を維持しており、その間の株価上昇率は約7割に達している。

8月3日に発表した21年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比17%増の266億円に拡大した。けん引役はLINEで、メディア事業の調整後EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は624億円と、前年同期から77%伸びた。

市場では「7~9月の好業績期待から、20年10月中旬に付けた高値(790円台)の更新も視野に入る」(岡三証券の小川佳紀・投資情報部長)との声が聞かれた。傘下のPayPay(ペイペイ)は8月19日、中小店舗からの決済手数料を有料化すると発表。販促費が膨らんでいたスマートフォン決済事業の採算が改善に向かうとの見方もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン