/

この記事は会員限定です

黒字廃業60万社、どう防ぐ? 日本M&A三宅社長に聞く

そこが知りたい

[有料会員限定]

事業承継に苦労する中小企業が増えている。国の試算によると、2025年までの5年間に、約60万社が後継者難で「黒字廃業」に追い込まれる恐れがある。雇用や技術を次世代に受け継ぐにはどんな取り組みが必要か。M&A(合併・買収)を活用した承継を促す日本M&Aセンターホールディングス(HD)の三宅卓社長に聞いた。

――中小企業の事業承継の現状をどう見ますか。

「事業をやめるか外部に引き継ぐか、決断を迫られる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン