/

この記事は会員限定です

ディズニー、日本アニメに的 スター・ウォーズで共創

[有料会員限定]

米ウォルト・ディズニー傘下で「スター・ウォーズ」で知られる米ルーカスフィルムが、日本のアニメ制作会社と組んで独自作品の制作に乗り出す。米動画配信サービス大手のネットフリックスに続き、ディズニーも日本のアニメ制作力に着目した。日本アニメの存在感が世界市場で高まりそうだ。

スター・ウォーズシリーズが日本の神話や映画などから影響を受けていることもふまえ、「スター・ウォーズ:ビジョンズ」と銘打ったプロジェ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン