/

TIS、遠隔地から出社は出張扱い テレワーク支援拡充

日経クロステック

TISは3日、遠隔地におけるテレワークなど社員の柔軟な働き方を促進し自発的なキャリア形成を尊重する制度を新たに整備し、様々なライフステージや自己実現を支援する制度を拡充したと発表した。

具体的には、「(遠隔地)テレワーク勤務制度」と「成長支援制度」「ライフステージサポート制度」の3種類となる。

例えばテレワーク勤務について同社は、日数の上限の無い制度を2019年から運用してきた。新型コロナウイルス禍を受け、社員の約50%に相当する2500人がテレワークを中心に勤務する。21年度には、勤務地から100キロメートルを超える地域でも勤務可能な「フルテレワーカー」も導入した。

フルテレワーカーとして勤務する社員はオフィスに原則出社せず、出社時の通勤手当は出張扱いとするほか、月額5000円のテレワーク手当を支給する。現在15人がフルテレワーカーとして勤務しているという。

また、成長支援制度は多様な経験を通じた成長を後押しするもので、21年度に整備した。業務に直接関係のない社会貢献や学び、兼業により、多様な経験を積んだり、幅広いスキルを習得したりすることを支援する。それに向け、短時間勤務や長期休暇の取得を可能にした。例えば、海外留学や資格取得のために2年間休職したり、時短勤務をしながら他社でも働いたりして、スキルを磨くといった働き方も可能だ。

ライフステージサポート制度としては、妊活に配慮した休職・ 時短制度や、傷病による後遺症のリハビリを想定した休職制度などを整えた。

(日経クロステック/日経コンピュータ 横田宏幸)

[日経クロステック 2021年9月3日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン