/

山梨県や富士山科学研など ローカル5Gで富士山地域DX

日経クロステック

NPO法人中央コリドー情報通信研究所(CCC21-NPO、東京・新宿)と山梨県、同県富士山科学研究所、東京大学、NECネッツエスアイインターネットイニシアティブ、ヤマレコ(長野県松本市)は3日、総務省による令和3年度の「課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」に提案した事業が採択されたと発表した。採択された事業は、「富士山地域DX『安全・安心観光情報システム』の実現」である。

この事業では、安全・安心な登山観光を実現することを目的に、管理者・登山者・遭難者のライフラインとなる通信が脆弱であるという課題を、地域限定の高速通信規格「ローカル5G」の整備により解消する。富士山を実証フィールドとし、5合目と6合目、7合目に基地局を設置し、技術や課題を実証する。

技術面では「電波伝搬(でんぱ)モデルの精緻化」と「準同期TDD(時分割複信)の追加パターンの開発」を実証し、課題面では「危険状況・災害予兆可視化のための遠隔監視システムの構築」や「迅速かつ円滑なローカルコミュニケーションシステム」などを実証する。事業の全体統括は、CCC21-NPOが務める。

(日経クロステック/日経コンピュータ 横田宏幸)

[日経クロステック 2021年9月3日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン