/

この記事は会員限定です

紳士服のコナカ、在庫「20日」に託す東証プライム残留

平岡大輝

[有料会員限定]

コナカが40年来の成長をけん引してきた郊外の路面店からの脱却を急いでいる。スーツ市場は新型コロナ下での在宅勤務定着で縮小。コロナ前に戻るのは難しい状況で、大量生産で売りさばくビジネスモデルは行き詰まっている。4月の東京証券取引所の市場再編では基準未達のまま「暫定」で最上位のプライムに移った。残留できるかは、都心部の小型店で在庫を抱えない業態をどれだけ伸ばせるかがカギを握る。

そごう横浜店(横浜市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン