/

この記事は会員限定です

関西スーパー争奪戦 説明対象多い上場企業、悩み深く

Ticker

[有料会員限定]

関西スーパーマーケットを巡る買収合戦は、それぞれの関係者が株主への説明責任を問われる事態になっている。手を挙げたオーケー(横浜市)とエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)は買収価格の正当性を、関西スーパーの経営陣はなぜH2O案なのかの理由を、それぞれの企業の株主は、企業が関西スーパーの株主としてどう行動するかを見ている。上場会社ほど対象となる株主が多く、上場していることの覚悟が問われている。

6日の関西スーパー株は終日買い気配となり、大引けで値幅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り964文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

Ticker

「Ticker(ティッカー)」は、企業や投資家の行動、開示資料などを分析し、その背後にある隠された狙いや新たな潮流をマーケットの視点で読み解くコラムです。随時掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン