/

この記事は会員限定です

かっぱ寿司、業界4位に低迷で焦り? 営業秘密侵害疑い

[有料会員限定]

回転ずし店大手「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトに不正競争防止法違反の疑いが強まったとして警察の捜査が入った。田辺公己社長が同業の「はま寿司」の売り上げデータなどを個人的に受け取っていた疑いがある。かつて回転ずし首位だったカッパだが、「安かろう悪かろう」の印象を払拭できず業界4位に低迷している。カッパの焦りが不適切な行為を招いた可能性がある。

警視庁は6月28日、同業他社の営業秘密を不正に侵害した疑いが強ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン