/

この記事は会員限定です

横浜国立大学、台風を恵みに 産業化見据えた研究拠点

UPDATE知の現場 台風科学技術研究センター

[有料会員限定]

横浜国立大学の台風科学技術研究センターは日本で初めての台風専門の研究拠点だ。台風の観測や予測といった研究だけではなく、台風の持つ莫大なエネルギーの産業利用を目指す技術的な研究テーマにも取り組む。気象学だけでなく、工学、経済学、法学など多岐に渡る専門分野の研究者が集まり、将来の社会実装も見据えた研究を進めている。

「台風を災害ではなく恵みにしたい」。台風科学技術研究センター長の筆保弘徳教授は202...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン