/

この記事は会員限定です

アジアでCO2削減策を提案 アスエネ、進出へ16億円調達

[有料会員限定]

二酸化炭素(CO2)排出量を計測するソフトウエアを手掛けるアスエネ(東京・港)は2024年をメドに、アジアで現地法人を立ち上げる。シンガポールや台湾などが進出先の候補で、現地企業のCO2排出量の削減を支援する。準備資金として第三者割当増資で16億円を調達した。

海外経験が豊富な人材の採用を増やし、社員を22年末までに40人と現状の約2倍に増強する。ソフトも海外仕様に改修する。たとえば、従業員の通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン