/

SUMCO、ウエハー新工場で協議開始 半導体需要に対応

SUMCOの橋本真幸会長は5日、同日開いた決算会見でシリコンウエハーの新工場建設について「顧客と商談を始めている」と明らかにした。自動車やデータセンター向けなどで旺盛な半導体需要に対応する考えだ。

主力の直径300ミリメートルウエハーの需給状況について「タイトな需給が続いており、2022年、23年には足りなくなる」との見方を示した。

ウエハーの新工場をめぐっては7月末に同業の独シルトロニックがシンガポールで生産増強のための投資をすると発表した。ウエハーは最大手の信越化学工業とSUMCOの日系2社で世界シェアの6割を占めており、両社の生産増強の動向が注目されている。

SUMCOが同日発表した2021年1~6月期の連結純利益は前年同期比2.7%減の163億円だった。工場のフル生産に伴う人員増強などによるコスト増が響いた。販売数量が伸び、売上高は7.2%増の1577億円となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン