/

この記事は会員限定です

マレリ再建、インド財閥がKKRと応札 ベインも名乗り

[有料会員限定]

経営再建を目指すマレリホールディングス(旧カルソニックカンセイ)が3月末に実施した支援企業を選ぶ1次入札で、インド財閥で傘下に自動車部品会社を抱えるサンバルダナ・マザーソン・グループが参加したことが5日、分かった。マレリ親会社である米投資ファンドのKKRは、車業界に知見のあるマザーソンと連合を組んで支援条件などの交渉に入る。

1次入札にはほかに、米投資ファンドのベインキャピタルも応札した。

サン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り921文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン