/

三菱電機、姫路の車部品工場で国際認証「IATF」停止

三菱電機は5日、自動車部品をつくる姫路製作所(兵庫県姫路市)と三田製作所(兵庫県三田市)について、自動車産業の品質管理に関する国際規格「IATF16949」の認証が7月29日付で一時停止されたと発表した。いずれも品質を巡る不正行為が確認されていた。

同社でIATF認証が停止されるのは初めて。認証機関は一時停止から90日以内に実施する特別審査で是正状況を確認し、取り消すかどうか判断する。一時停止中もIATF認証は有効で「詳細な影響は調査中」(同社)としている。

名古屋製作所(名古屋市)でも品質管理に関する国際規格「ISO9001」認証の一部が5日付で取り消された。傘下の新城工場(愛知県新城市)が製造する誘導電動機が対象。同社でISO認証が一部を含め取り消されるのは5カ所目となる。

同社は「早期の解除や再取得に向けて全力で取り組んでいく」としている。

ビジネスセクション

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン