/

コロナ「BQ.1.1」「XBB」、抗ウイルス薬有効 東京大学

think!多様な観点からニュースを考える

東京大学の河岡義裕特任教授らは8日、新型コロナウイルスのオミクロン型の派生型「BQ.1.1」と「XBB」に対して、国内で承認されている3種類の抗ウイルス薬が増殖を抑える効果があったとする論文を発表した。抗体医薬は承認されている3種類に加え、承認されていない1種類も含めて感染を防ぐ効果が低かった。治療薬の選択に役立つ成果だ。

第7波で流行の主流だった「BA.5」に変異が加わった「BQ.1」や「BQ.1.1」は米欧で増えている。アジアでは「BA.2」系統の「XBB」が広がる。国内では今のところ大きな流行には至っていない。11月8~14日の東京都のゲノム解析では、BA.5が感染者の77%を占め、BQ.1とBQ.1.1のBQ.1系統は6.6%にとどまる。ただ、国立感染症研究所の推定では、12月5~11日にBQ.1系統が36%まで伸びている。

米疾病対策センター(CDC)の推定によると、11月27日~12月3日の米国の新規感染のうちBQ.1系統が計60%を超えた。直近の主流だったBA.5は13.8%まで減り、置き換わりが進む。

研究チームはBQ.1.1やXBBに感染した細胞に抗ウイルス薬を加えて、ウイルスの増殖を抑える効果を調べた。米ギリアド・サイエンシズの点滴薬「ベクルリー(レムデシビル)」と米メルクの飲み薬「ラゲブリオ(モルヌピラビル)」、米ファイザーの飲み薬「パキロビッド」の成分「ニルマトレルビル」については、いずれも新型コロナ流行初期の従来型ウイルスと同様に有効だった。

抗ウイルス薬では11月に塩野義製薬の飲み薬「ゾコーバ」が承認された。河岡特任教授は「ゾコーバは(オミクロン型の)BA.1に対して高い有効性を示しており、有効と考えられる」と話し、BQ.1.1やXBBの新たな派生型への効果にも期待を示した。

抗体医薬がBQ.1.1やXBBの細胞への感染をどれほど防ぐかも調べた。国内で承認されている英アストラゼネカの抗体医薬「エバシェルド(チキサゲビマブ・シルガビマブ)」や英グラクソ・スミスクラインなどの「ゼビュディ(ソトロビマブ)」、米リジェネロン・ファーマシューティカルズなどの「ロナプリーブ(カシリビマブ・イムデビマブ)」はいずれも効果が低かった。BA.2やBA.5で高い効果を示していた国内では未承認の米イーライ・リリーの「ベブテロビマブ」も同様に低かった。

河岡特任教授は「今後の派生型でも抗体医薬の効果が低い状態が続き、抗ウイルス薬に期待が高まる」と指摘する。

感染研や国立国際医療研究センターとの共同研究で、米医学誌ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載された。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません