/

この記事は会員限定です

介護テック、現場を支える 人手・施設不足の懸念緩和

NEXT1000

[有料会員限定]

人口の多い「団塊の世代」が75歳以上の後期高齢者に到達し、介護ニーズの急増が想定される「2025年問題」まで残り3年を切った。人手不足や施設不足に対する懸念が高まるなか、新興勢などが事業者の業務効率化を急いでいる。介護記録を効率的に管理するクラウドシステムや、ウエアラブル端末を使った健康状態の計測といった「介護テック」で現場を支える。売上高100億円以下の中堅上場企業「NEXT1000」を対象に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2848文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

NEXT1000

直近決算期の売上高が300億円以下の中堅上場企業約1900社(金融など除く)をさまざまな切り口でランキング化し、株式市場から成長を期待される企業を探ります。(2022年5月、売上高100億円以下の「NEXT1000」からリニューアルしました)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン