/

東芝とNTT、暗号通信を共同検証 量子暗号と組み合わせ

東芝子会社の東芝デジタルソリューションズは5日、NTTと共同で暗号技術を組み合わせる検証に成功したと発表した。データを伝送する際、東芝が手掛ける次世代の暗号技術「量子暗号通信」とNTTの暗号通信のどちらを使うか選択できるシステムを試作した。利点に応じて技術を使い分けられ、利用シーンが広げられる。

高精細な「8K」の映像をリアルタイムで暗号化して伝送することができた。量子暗号通信は通信する際のセキュリティーを高める暗号化やその暗号を元に戻す「鍵」の情報を光の粒子にのせてやり取りし、盗聴などが理論上不可能とされる。NTTの暗号通信は高速計算ができる「量子コンピューター」でも解くのが難しいとされ、安全性を担保できる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン