/

この記事は会員限定です

楽天G、低コスト5Gを世界へ 米中対立で需要増 

[有料会員限定]

通信機器をクラウド上のソフトウエアに置き換える「仮想化」の通信技術が、世界で広がり始めた。4日、楽天グループは自社開発の仮想化通信技術を独企業に提供すると発表した。米通信新興大手も仮想化を取り入れ始めている。米中対立で中国・華為技術(ファーウェイ)の通信機器を排除する動きも、新技術の通信インフラへの導入を後押ししている。

「数年先のアドバンテージを走っているという自覚がある。いずれ通信業界のリーダーになる」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン