/

この記事は会員限定です

米サイバー攻撃、ロシア系集団が声明「100万超を感染」

[有料会員限定]

米IT企業カセヤの法人向けソフトウエアがサイバー攻撃を受けた問題で、ロシア系ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)集団「REvil(レビル)」が5日、全世界で100万を超えるシステムを感染させたとする声明を発表した。IT基盤を狙った攻撃は広範囲の被害をもたらしかねず、専門家は今後も同種の手口が拡大すると警鐘を鳴らしている。

カセヤ社によると、狙われたのは企業がソフトの更新を管理・配信する際に使う「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン