/

東急、ホテルの定額利用サービス まずは100人限定

東急は5日、一定の期間中は自社ホテルを定額利用できるサービスを始めると発表した。期間は30日と60日の2つを設け、期間中は追加料金なしで全国39施設を利用できる。まずは100人の利用者で実験し、利用客からの反応次第でサービスの全面展開を検討する。

子会社の東急ホテルズ(東京・渋谷)などが持つ施設が対象となる。都市部の「渋谷ストリームエクセルホテル東急」(同)や軽井沢といった首都圏周辺の行楽地の施設を含む。30日プランは18万円、60日プランは36万円で利用できる。同伴者1人まで無料。レストランでのサービス優待といった特典もつける。9日から申し込みを受け付ける。

まずは100人の利用客を募集し、実験的にサービスを始める。今後の事業化の時期などについては、利用状況を踏まえて検討する。

東急が各地のホテルで利用できる定額制サービスを展開するのは初めて。新型コロナウイルスの影響でホテルの稼働率が低下するなか、利用を促進する狙いだ。三井不動産も全国のホテルを対象に定額制サービスを展開している。帝国ホテルも長期滞在プランを設けるなど、稼働率向上に向け、業界では同様の取り組みが相次いでいる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン