/

この記事は会員限定です

百貨店の歳暮商戦、サステナブルに的 代替肉や放牧牛 

[有料会員限定]

百貨店各社でお歳暮商戦が本格的に始まった。環境や健康に配慮したサステナビリティー(持続可能性)を重視した商品を増やしている。新型コロナウイルス禍で消費者の生活スタイルが変わり、サステナビリティーへの意識が高まったことに対応する。

高島屋は新宿店(東京・渋谷)と横浜店(横浜市)に5日から、お歳暮用の特設売り場を設けた。植物由来の成分を原料にした代替肉でつくった有名レストランのハンバーグ(5400円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン