/

この記事は会員限定です

中国宝山、EV向けなど鋼板特許で競争力 4位に浮上

[有料会員限定]

発電所の変圧器や電気自動車(EV)のモーターに使う電磁鋼板で、鉄鋼最大手の中国宝武鋼鉄集団が存在感を徐々に強めている。日本での特許の重要度を数値化して出願企業を順位付けしたところ、首位の日本製鉄などに続き宝武の子会社・宝山鋼鉄が4位だった。電磁鋼板は日鉄が宝山などを特許侵害で提訴している。中国からの輸入も増え、質と量の両面で無視できなくなりつつある。

日本経済新聞が特許調査会社パテント・リザルト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン