/

東北新幹線14日に全線再開 JR東日本、計画前倒し

JR東日本は5日、最大震度6強を観測した地震で脱線し、現在も一部区間で運休している東北新幹線について、14日に全線での運行を再開すると発表した。当初は20日前後を予定していたが、復旧作業が想定より早く進んだ。当面は本数を減らした臨時ダイヤで運行し、平常運転の再開はゴールデンウイーク(GW)明け以降を見込む。

5日に開いた定例記者会見で、深沢祐二社長が明らかにした。当面は郡山―一ノ関は徐行運転が必要として、臨時ダイヤで運転する。現時点では運行本数を5割程度に絞っているが、全線開通後は8~9割に戻す。平常運転の再開時期について「GW明け以降になるだろう」(深沢社長)との認識を示した。

3月16日に発生した福島県沖地震の影響で、東京発仙台行きの東北新幹線やまびこ223号が、白石蔵王駅(宮城県白石市)から約2キロメートルの地点で17車両中16車両が脱線した。深沢社長は逸脱防止ガイドなどの対策について「一定程度有効に機能したと考えている」と述べた。

脱線に伴う一連の運休や減便により、東北新幹線は計約120億円の減収を見込む。復旧作業などに150億~200億円程度の費用がかかるとして、2022年3月期の連結決算で計上する。

地震の影響で東北新幹線は福島―仙台で運休が続く。2日には郡山―福島の運行を再開し、4日には仙台―一ノ関の運行を再開していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン