/

船上にCO2回収装置を搭載 川崎汽船と三菱造船が実証

川崎汽船の石炭運搬船にCO2回収装置を取り付けた

川崎汽船は5日、船上に二酸化炭素(CO2)回収装置を搭載したと発表した。2021年度末にかけて三菱重工業傘下の三菱造船と、世界初となる洋上での実証実験に取り組む。船上でのCO2回収は海運の低・脱炭素に向けた技術として期待されており、実用化を急ぐ。

火力発電所など陸上で使われている回収装置を小型化し、川崎汽船が運航する石炭運搬船に取り付けた。排ガスに含まれるCO2を一度、吸収液と同化させた後、加熱して再分離し、それぞれ回収する仕組み。

実証実験では、運転性能や安全性を評価したり、分離・回収したCO2を分析したりする。回収したCO2は気体で保管するが、今後の実用化に向けては液化することも検討する。気体では体積が大きくなり、荷物を運ぶスペースを圧迫してしまうといった課題がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン