/

障害者対応研修サービス強化 リーンオンミー2億5000万円調達

リーンオンミーの障害者対応研修の動画サービスは3万人以上が利用する

障害者施設の職員や障害者を雇用する企業向けに、障害者に対応する際の研修動画を提供するLean on Me(リーンオンミー、大阪府高槻市)は2億5400万円を調達した。ベンチャーキャピタル(VC)のサムライインキュベート、みずほキャピタル、池田泉州キャピタル、SMBCベンチャーキャピタルなどが第三者割当増資を引き受けたほか、みずほ銀行などから融資を受けた。

研修動画サービスを強化する。動画を作成するクリエーターやエンジニアを採用し、現在3万人程度の利用者を1年後に20万人に増やす計画だ。障害者施設の情報をまとめたサービスの開発も始める。施設ごとの得意分野など、これまでわかりにくかった情報をまとめて家族向けに提供する。

リーンオンミーは2014年に創業し、16年にサービスを始めた。志村駿介代表はダウン症の弟を通じて障害者の現状に課題を感じ、同社を立ち上げた。障害者施設では職員教育の時間確保や教材の整備が十分でない。職員の知識不足から障害者の虐待が起こっている現状の問題点を解決するために、質の高い研修をどこでもいつでも受けられる動画サービスを始めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン