/

この記事は会員限定です

富士通、湯布院から遠隔勤務 ホットな移住支援の狙い

テレワーク成功の勘所(30)

[有料会員限定]
日経BP総研

温泉地の近くに移り住み、朝から名湯に入って、リフレッシュしてから自宅で仕事に臨む――。こんな生活スタイルが現実となりそうだ。

富士通は大分県と組み、従業員の移住支援に乗り出す。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で在宅勤務が広がっているが、本社から約800キロメートルも離れた遠隔地への移住を認めるのは大手では珍しい。観光地などでの一時的なワーケーションの先を行く、ホットな施策の狙いを探った。

富士通は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3043文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン