/

この記事は会員限定です

紙おむつ再生、P&Gも参入 環境対策で技術競う

[有料会員限定]

米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は6日、日本で使用済み紙おむつの再利用を始めると発表した。ユニ・チャーム花王もすでに着手しており、大手3社が異なる方法で再利用を進めている。環境省が2020年に再利用の指針を策定するなど官民の動きが活発化しているが、コストや回収効率など課題は多い。

P&Gは4月中旬から神戸市の保育施設やイオンなど8カ所に回収箱を設置する。持参した消費者にポイントを付与し、新品の紙おむつな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1329文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン