/

この記事は会員限定です

化学大手の4~6月、3社が最終減益 値上げ追いつかず

[有料会員限定]

化学大手6社の2022年4~6月期の連結決算が5日出そろった。信越化学工業住友化学など3社で純利益が増えた一方、三菱ケミカルグループ旭化成など3社で減った。石油化学(石化)市況の急騰を追い風に5社が最高益だった前年同期から一転、市況が弱含み原燃料価格の上昇に値上げが追いつかない。需要が旺盛な半導体の材料やシェアの高い高機能製品など収益のけん引役に欠ける企業の不調が目立った。

「急激な環境変化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン