/

CCC、マレーシアに蔦屋書店進出 22年春に

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は5日、2022年春にマレーシアの商業施設内に複合型書店の高級業態「蔦屋書店」を開業すると発表した。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国での出店は初めてとなる。書籍だけでなく、文具や美術品も売り出すほか、飲食店も併設する。

CCCと大手商社の双日が設立した共同出資会社が現地の企業とフランチャイズチェーン(FC)契約を締結する。同共同出資会社は今後、他のASEAN地域における店舗展開も推進する。CCCはASEAN地域で400店舗を展開するとの目標を掲げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン