/

この記事は会員限定です

トヨタ流DX 開発陣50人が「あっ」を共有

[有料会員限定]

「デジタルトランスフォーメーション(DX)で遅れてるってよく言われますね」。トヨタ自動車のある技術者はこうつぶやく。言葉にはしないが、発言の裏に異議のニュアンスを感じた。関係者に取材を進めてみると、新型車の開発現場から「トヨタ流DX」の一端が見えてきた。

Teamsで「走りの大部屋」

走りの大部屋――。こう呼ばれる取り組みがトヨタにある。

「あっ」

トヨタの「下山テストコース」でテストドライバー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2506文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン