/

サントリーHD、グリーン水素を山梨2工場で利用

サントリーホールディングス(HD)は5日、製造過程で二酸化炭素(CO2)を排出しない「グリーン水素」の製造装置を2025年に山梨県北杜市の2工場に導入すると発表した。水素の製造設備の規模は16メガ(メガは100万)ワット級と国内最大になる見込み。熱源などに活用し、自社や地域の脱炭素につなげる。

導入するのは山梨県や東レ東京電力ホールディングスなどが開発した「P2G(パワー・ツー・ガス)システム」。エネルギーとして山梨県内でつくった再生可能エネルギー由来の電力を、原料の水は地下水を使う。

最大で水素が2200トン製造でき、二酸化炭素は1万6000トン削減できるという。「サントリー天然水 南アルプス白州工場」と「サントリー白州蒸溜所」の2工場で導入し、水素は工場内でボイラーの熱源やウイスキーの蒸留などに利用する。

ビジネスセクション

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません